自分のペースで!糖質制限で軽やかな身体づくり

ご自身に合ったやり方を見つけましょう

糖質制限と聞くとおいしいものが全く食べられない、辛いダイエットを思い浮かべる方もいると思います。でも実際は、こうと決まったやり方があるわけではありません。その人に合った糖質制限を適度に取り入れることでダイエットだけでなく、快適な毎日を送ることができる食事療法です。ごはんや麺類、パンなどの主食を、いつもの量の半分から3分の1くらいに減らして、おかずは特に制限なく満腹になるまで食べて大丈夫です。お金がかかるわけでもなく、いつも通りの生活の中でできそうですね。合わせて有酸素運動や筋トレなども行うと筋肉量も増えていくでしょう。無理はせず自分の体に合った糖質制限を、適度に行うことが大切です。

糖質過多を見なおす食事療法

糖質制限をするとさまざまな変化が現れる人もいます。例えば食後に眠気を感じなくなり、集中力が続いたり、筋肉が増えて脂肪は落ちるので以前より運動量が増える、運動しても疲れにくくなるなどです。というのも糖質は摂取量が多いと血糖が急激に上がり、それを下げようとインスリンが分泌されます。体の中でジェットコースターのように急激に血糖が上がったり下がったりすると、空腹や満腹を感じにくくなったり、イライラして精神も不安定になりやすくなります。糖質制限は現代の糖質過多の食生活を見直す食事療法で、無理せずマイペースにできる健康法です。1か月だけなど期間を決めてしても良いですし、特に期間は設けなくて自分にできるときだけ制限しても良いです。

糖質制限 痩せない原因は方法が体質に合わないことが多数を占めます。また、運動を怠るのも体重が減らない原因の一つなので、医師や栄養士などの専門家に指導を受けて適切な方法で実施することが重要です。