保湿をすればシミも防げる!!タンパク質と睡眠も大事!!

肌の保湿に注意をしながら手入れをする

子供から大人になるときは結構見た目が変わります。でも大人になれば1年や2年で大きく変わりません。でも10年や20年となると結構変化を感じます。女性だと肌の様子などが変わってきて、老化を感じる人もいるかもしれません。しわやシミが多くなると余計に老けて見られるので、できれば防ぐ対策をしておきたいでしょう。その方法として、最も基本とされるのが保湿です。肌にはもちろん水分があります。ただ、若いころに比べると年齢が高くなると保水力が落ちてきます。冬はもちろん、夏の冷房の利いたところでもどんどん水分が失われ、古い角質が残りやすくなります。1年を通してしっかり保湿を意識すると、角質が残りにくくなります。シミもできにくくなります。

良質のたんぱく質を取り睡眠もよくとる

食事において、エネルギー分は炭水化物や脂質などから得られます。では体の骨や皮膚、血液などは何からできるかですが、これはたんぱく質からとされています。動物性タンパク質と植物性タンパク質があり、体を作るにはどちらのたんぱく質もバランスよく取る必要があります。肌を若々しく保つには、新しい肌の細胞を作るためのたんぱく質が必要になります。良質なたんぱく質をバランスよく摂取するように心がけると、シミができにくくなります。細胞の入れ替わりはいつ行われるかといえば、夜の寝ているときになります。しっかり睡眠がとれていないと、肌のターンオーバーも起こりにくくなります。質のいい睡眠をしっかりとるようにすれば、きれいな肌を保てます。

シミの悩みを解決するためにはメカニズムを知ることが大切です。きちんと知識を身に受けた上で適切なケアを行う必要があります。