ほくろは除去することができる!ほくろ除去のメリットやデメリット

ほくろを除去する方法について

目立つほくろをなんとかしたいと考えている方も多いですが、ほくろを除去する方法はいくつか存在します。まずは皮膚科やクリニックなどで行うレーザー治療となり、レーザーによってほくろを取ることが可能です。レーザーにも種類があり、炭酸ガスレーザーやQスイッチレーザーがあります。炭酸ガスレーザーはほくろを完全に除去することができますが、Qスイッチレーザーに関しては色素を取るだけとなるため、あまり皮膚から盛り上がっているほくろには適していない方法となります。料金としては、その方のほくろによっても異なっていきますが、1万円から3万円ほどとなっています。ほくろ除去は保険適用となるため、そこまで大きく費用が掛かってしまう心配はありません。

ほくろ除去のメリットとデメリット

ほくろが顔や首などの目立つ場所にあることによってコンプレックスを抱えている方もいますが、ほくろを除去することによってそちらのストレスから解消されることになります。ほくろでコンプレックスを抱えている方がほくろ除去を行うことによって自分に自信が持てるようになり、ポジティブな考え方が出来るようになったという方が多くなっています。メリットとしては、人前で堂々とできるようになり、自分に自信が持てるようになることになりますが、一方デメリットとしては、施術の際に強い痛みを感じることもあり、施術後には赤くなってしまうこともあります。また、施術をした後には紫外線をできるだけ浴びないようにしなければならないため、外出を控える必要があります。

ほくろ除去の治療はほくろの形状で適切な方法が異なるので、専門医が常駐する医療機関を受診するのが安全な治療法です。また、術後は傷口に刺激を与えないように安静にするのも美肌を保つ条件になります。